女性

糖尿病にならないために|食事の量を考えよう

ストレスの無い生活へ

女性

糖尿病の人に大事なのは、食事です。野菜を多めに食べたり、時には宅配の糖尿病の人専用の食事を活用するのも方法です。お手頃な価格で毎日届けてくれるなど、様々な特徴があります。手を抜ける所は、時々手を抜いてやり過ごすことも必要です。

読んでみよう

病気と食生活

介護

これからは食事による摂取カロリーを調整することが、糖尿病を予防するために必要になると考えられます。低カロリーの宅配食も、病気の予防に役立つ食品になるでしょう。糖尿病は肝臓とも関係が深く、肝機能を正常に保つことが発症を防ぐための一つの方法となります。

読んでみよう

息抜きしながら長く続ける

男性女性

糖尿病用の食事は、バランスの良い健康的な内容になっています。しかしカロリー計算が面倒で、ついつい巷に流行るダイエット法に流されがちですが、何かを抜くダイエット法では、健康が損なわれます。食事のことがストレスにならないよう、糖尿病食の宅配を利用するといいでしょう。面倒な計算も調理も不要です。

読んでみよう

エネルギー量を抑える

和食

食べ方を工夫する

糖尿病の方は毎日の食事で適正なカロリー量を取る工夫をすることが大切です。完璧な食事改善は難しいことが多いので、食べ方を工夫することでカロリー量をコントロールしましょう。ご飯を入れる食器を小さくするのは、カロリー量を減らすのに役立つ工夫です。外食時は注文する時にご飯の量を、最初から少なくしてもらいましょう。これだけの工夫で摂取エネルギー量を減らせるので、糖尿病の改善につながります。糖尿病の方はお菓子が好きなことが多いですが、お菓子はできるだけ食べないようにしましょう。食事の量を減らしても、お菓子を食べていたら意味がありません。間食は果物や乳製品がお勧めです。糖尿病の方は、間食のカロリーは1日当たり200kcalに抑えることが必要です。

調理法と食べ方に注意する

糖尿病の方が食事を作るときは調理法にも気を配りましょう。揚げる調理法を使うと、カロリーが上がってしまいます。煮る、蒸す、ゆでると言った料理法が糖尿病の方に向いています。カロリーを上げる油はできるだけ使わないでも、美味しい料理は作ることができます。例えば、エビフライにするかわりに、エビのワイン蒸しを作るようにします。味付けにはかんきつ類や香辛料を使えば、油の量を減らし、塩分の取り過ぎを防ぐことができます。糖尿病の方が実際に食事をするときは、野菜から食べるようにしましょう。野菜から食べれば、血糖値の上昇を防ぐことができます。それから食べる時はよく噛むようにすれば、満腹のサインが脳に伝わりやすくなって、食べ過ぎを防ぐことができます。

Copyright© 2016 糖尿病にならないために|食事の量を考えよう All Rights Reserved.