介護

糖尿病にならないために|食事の量を考えよう

病気と食生活

介護

糖尿病は、カロリーの極端に高い食事や糖質中心の食品を多く取る方に発症する傾向が見られます。糖尿病の方は大概、中性脂肪やコレステロールの値も高いことが多いです。糖尿病と食事の関係は以前から問題となっており、食事内容を見直すこと中高年世代に求められています。自分でカロリーのコントロールが難しい場合は、市販の低カロリー食を利用するという方法があります。現に糖尿病のリスクが高い方にも利用されているのが、カロリー控えめの宅配食です。毎日の摂取カロリーの調整は、病気を未然に防ぐためにも求められてくると予想されます。糖尿病用の宅配食は、いまだ発症に至っていない方にとっても便利な食品です。検診で異常を指摘された時点で利用を開始すれば、発症を防げる可能性が出てきます。

肝臓は、実のところ糖尿病と深い関わりがあるのが特徴です。従って肝臓の機能が何らかの理由で低下すると、糖尿病のリスクが高くなるのが一般的と言えます。食事やアルコールの影響による脂肪肝は、特に中高年世代に多い病気です。薬を常用している方は、薬物性の肝機能障害を抱えていることもあり得ます。このようなトラブルは、糖尿病のリスクを増大させてしまう要因です。加齢と共に代謝が落ちてくると、糖や脂肪の分解が遅くなりさらに危険な状態に陥ります。肝臓は膵臓とも密接に関係しており、インスリンの正常な分泌に欠かせない臓器です。従って、取り込んだ栄養分の処理においても肝臓は鍵を握ります。糖尿病予防のためには、摂取カロリーを適正に保ち肝臓に負担をかけないことが大切です。

Copyright© 2016 糖尿病にならないために|食事の量を考えよう All Rights Reserved.