介護

糖尿病にならないために|食事の量を考えよう

ストレスの無い生活へ

女性

野菜を多めに食べる

生活習慣病の1つである糖尿病は、1度発症してしまうと治すのは難しい病です。場合によってはずっと薬を服用しながら、血糖値を抑えつづけなければならない人もいます。もし糖尿病になってしまった場合は、様々な面で気を使わなければならなくなります。特に日々の食事では、糖が過剰にならないように、炭水化物や脂質は控えめにして、タンパク質やビタミン、ミネラルを摂取するように心がけましょう。食事では主に糖分やタンパク質を摂取してエネルギーを作るのが目的です。しかし、同じ品目を食べる際にも食べる順番を工夫するだけで、吸収効率が変わります。例えば、食事のメインを後半に残しておけるよう、最初に野菜類を多くたべることが大切です。ある程度の野菜を多く摂取すればお腹も満たされるため、炭水化物の過剰摂取を抑えられます。また、食物繊維には糖の吸収を穏やかにする効果があるため、最初に摂取しておくのが望ましいでしょう。一工夫をするだけで、糖尿病を和らげる食事方法となるということを知っておきましょう。

宅配の活用

先述の通り、糖尿病の患者には食事の摂取できる大きく体調が作用してきます。しかし、毎日手の込んだ食事を作ったり、より多くの食材を使い込むことは大変なことです。そこで最近では、糖尿病の人専用の食事を宅配で届けるサービスに注目が集まっています。宅配型のお弁当は、カロリー計算などを徹底的にしていますので、カロリーやその後の処理型の簡単です。宅配の特徴は、希望する間は定期的に発送してくれるのが特徴です。低価格で、バランスのとれた食事が摂れます。そのため、有名人でも積極的に活用していることがあります。できるだけ、食事の作り手側にも負担がかからないように、手を抜ける所は、適度に手を抜くことが大事になります。

Copyright© 2016 糖尿病にならないために|食事の量を考えよう All Rights Reserved.